マネーポスト
Weekly POST.com
週刊ポスト
TOP NEWS
〈「政治とメディア」核心レポート〉

安倍晋三と朝日新聞の「不適切な蜜月」

●改憲でもTPPでもアベノミクスでも批判を封印してヨイショ
●社長、政治部長が相次ぐ会食で“接待”
●「安倍嫌い主筆」は“早期退職”、「慰安婦追及記者」は“閑職”に
●「読まない」と公言していた総理が「あの記事イイネ」
――あの仇敵関係が嘘のようだ

欧米ではメディアを「ウオッチドッグ」(番犬)と呼ぶ。権力者が市民の権利を脅かそうとすれば、ワンワンと吠えて威嚇する役割を担うからだ。しかし、我が国では、安倍政権に一番吠えていたはずの朝日新聞が声を失い、いつの間にか「権力者の飼い犬」に変わってしまったかのようだ。クオリティペーパーを標榜する大新聞社の“変節”は、人気絶頂の政権への“降伏”を意味するか――。
   
あなたの「知りたいこと」を取材しました

HOW TO 死ぬほどSEX

60歳まだまだ「現役」です

いくら歳を重ねても、新たな女性との出会いに胸を躍らせ、あわよくば体を重ねたいと願うのが「男」というものである。しかし、出会いはそこかしこに溢れているわけではない。自分から積極果敢に動いていかねば、幸せな人生は得られないのだ。「死ぬまでセックスしたい」――そんな切実な読者の願いを、本誌は全力でサポートする。
SCOOP PHOTO

袋とじ 謎の、謎の美女 YURI
限界封印袋とじ 女性器アート「Yプロジェクト」
撮り下ろしSEXY 真木よう子「誘う」
最新保存版 本当に安くて恥をかかない「葬式と墓」
「大人の修学旅行」京都へ
野球場のウラ側

e-mail あなたが世に問いたい告発したい問題の情報、本誌記事に対するご意見をお寄せ下さい。
週刊ポスト 表紙



NAKAZURI
中吊り
CONTENTS
特集
安倍晋三と朝日新聞の「不適切な蜜月」
【「政治とメディア」核心レポート】
──あの仇敵関係が嘘のようだ
[緊急対談] 志賀 櫻 小幡 績「アベノミクスはマジでヤバい」
[緊急招集第2回] 覆面官僚座談会
改憲論議で暴走する安倍政権を食い止める霞が関の「最終兵器」
虚偽報告書で「小沢は刑事被告人」「作成検事は不起訴」の暗黒裁判
60歳まだまだ「現役」ですHOW TO 死ぬほどSEX
「偽メール騒動」で隠蔽された防衛事務次官PCハッキング事件


「道州制」導入!ここが全国11「州都」だ
県庁所在地36市“陥落”で大暴落
「ゆるキャラ総選挙」禁断の舞台裏
【最新保存版】16ページ大特集
本当に安くて恥をかかない「葬式と墓」
プロ野球偉人列伝「忘れられた名選手」の昭和史
勝手に考えてみました『八重の桜』視聴率↑大作戦
里親・養子縁組という家族の形
──あなたはそれでも「血のつながり」にこだわりますか?
ユニクロは「ブラック企業」か「グローバルカンパニー」か
グラビア
[袋とじ] 謎の、謎の美女YURI
[限界封印袋とじ] 女性器アート
「Yプロジェクト」
[撮り下ろしSEXY] 真木よう子「誘う」
 
「大人の修学旅行」京都へ
野球場のウラ側
創刊50周年『女性セブン』は何を伝えてきたか
松岡正剛 百辞百物百景
坪内祐三の美術批評 眼は行動する

連載・コラム
「宿命の子」高山文彦
椎名誠とわしらは怪しい雑魚釣り隊
小説

真保裕一「アンダーカバー」

コラム

安田清人「時代劇を斬る!」
春日太一「役者は言葉でできている」
松田哲夫「ニッポン元気印時代」
鎌田實「ジタバタしない」(隔週掲載)
綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」
大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」
曽野綾子「昼寝するお化け」

ノンフィクション

井沢元彦「逆説の日本史」
  コミック

とみさわ千夏「ドキドキの時間」
やく・みつる「マナ板紳士録」

情報・娯楽

高田文夫「笑刊ポスト」
趣味(囲碁・ペット・釣り・映画)
「ヒットを創る『熱情金言』」
「カイシャの裏サイト」
恋愛カウンセラー・マキの貞操ファイル
ポスト・ブック・レビュー
医心伝身
ポストパズル→解答
プレゼント
法律相談
 

現場の磁力「60、70花ざかり エロ婆さん衝撃の告白」
ビートたけし「21世紀毒談」
長谷川幸洋「ニュースのことばは嘘をつく」
関川夏央「やむを得ず早起き」


政治、経済から事件、風俗まで--
日本と世界の今を読むNo.1総合週刊誌『週刊ポスト』ただいま発売中!

 

 
投稿する 投稿する